Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

トレーニング

トレーニングの継続の大切さ:ディトレーニング防止と身体的機能の改善

皆さん、こんにちは。
ご機嫌いかがでしょうか。

本日は、今運動をお休みしている学生アスリートの

皆さんにお伝えしたいことがあります。

もし、進学先でも競技を続けていくつもりなら、週に1~2回でも

部活動を同じぐらいの強度の運動、

もしくはトレーニングの継続を強くお勧めします。

目次

トレーニングの継続の重要性

皆さん、こんにちは。
ご機嫌いかがでしょうか。

先日まで、甲子園で高校野球が行われていました。

3年生は最後の試合ということだけでなく、
コロナ禍のなかでの開催ということで、
特別な思いで臨まれていたと思います。

さて本日は、部活動を引退とた学生アスリートの

皆さんにお伝えしたいことがあります。


もし、進学先でも競技を続けていくつもりなら、週に1~2回でも
部活動を同じぐらいの強度の運動、
もしくはトレーニングの継続を強くお勧めします。

その理由は、ディトレーニングという現象が起きるからです。

ディトレーニングとは①

ディトレーニングは、運動習慣やトレーニング習慣があった方が、
運動を一旦中断することによって、
身体の機能が低下することをいいます。

学生アスリートの方は、定期試験や年末年始などで
運動を少し長くお休みされる機会があると思います。

その休み明けの練習で、身体がなまっていると感じたり、
いつもより疲れやすかったり、重い筋肉痛があったという経験が
あるかと思います。

それは、身体機能が低下してしまったので起こります。

通常、ディトレーニングは中断してから2週間ぐらいで
始まるといわれているので、
1週間程度の休みでしたら、すぐに元のレベルまで
身体機能を取り戻すことが出来ると思います。












ディトレーニングとは②

身体機能は中断した2週間ぐらいで落ち始めて、
3ヶ月から半年ぐらいで元のレベル(その競技を開始した状態)
まで低下してしまいます。

特に、筋力と持久力が影響を受けやすく、
低下しやすいようです。

回復するのに6週間ぐらいかかるといわれています。

トレーニングの継続の大切さ

もし、推薦で進学先でも競技の継続がきまっている、
今進学先が決まっていなくても続けるつもりだと考えているのなら、
部活動を引退したとしても、身体機能の維持はしておきたいものです。

週1~2回の部活動を同じぐらいの強度の運動、
もしくはトレーニングの継続により
身体機能の低下を最小限に食い止めることができます。

また、トレーニングをしっかりと行っていれば、
体重の増減も最小限に抑えら、
コンディションの維持にも役立ちます。

運動量自体は、現役の時に比べて減るかもしれません。
しかし、トレーニング(特に筋トレ)は時間を見つけて
同負荷で行った方が良いです。

身体機能の改善

トレーニングは、身体的機能維持だけでなく、
身体機能の改善にも役に立ちます。

競技に主に必要とする筋肉以外の部位を鍛える、使うようにすることで、
バランスの取れた身体になりやすく、ケガの予防に繋がります。

また、弱い部分を集中的に鍛える事により、
身体強化が行えます。

いくつかの苦手な部分を改善する場合は、
複数の部分を平行して同時に行うよりも、
個別にトレーニングした方が、はるかに向上率が良いそうです。

競技から離れている間に、ひとつずつ課題をクリアしてくのも
この時期の過ごし方の一つかと思います。

また、進学すると競技レベルの高い環境になります。

トレーニングでフィットネスレベルや筋力向上をしておけば、
レベルの高い練習についていきやすいです。



最後に。

ご自身でどんなトレーニングをするのか分からないなどの
困っている学生さんもいるかと思います。

アヴィススポーツでは、中高生のパーソナルトレーニングコースがあります。

マンツーマンでしっかりと目的に合わせて指導させていただきます。

これから本格的にトレーニングを始めようというかたにも
ピッタリかと思います。

1回30分3,000円、もしくは60分5,000円です。

体験トレーニングを2,000円で行っております。

短期間での利用も大歓迎です。

週1回からの利用でも、十分効果があります。

今からパーソナルトレーニングで、ライバルに差をつけ、

更なるレベルアップを狙いましょう。

☆Instagram☆
アカウントはこちら
☆YouTube☆
チャンネル登録はこちら



  高い技術、知識のトレーナーがサポートしてくれる
  大阪市西区(西大橋,西長堀,新町)のパーソナルトレーニングジムなら


  アヴィススポーツコンディショニングプラザ
  アヴィススポーツ鍼灸整骨院


  お問い合わせは以下よりお待ちしております。


  ☎ 06-6531-3636

   ※業者様の営業電話は施術の妨げになりますのでご遠慮ください。


  住所:〒530-0013 大阪市西区新町2-20-6 新町グレースビル1F
  営業時間: 平 日)10:00~20:00(最終受付19:50)
       土日祝)9:00~18:00(最終受付17:30)
       休館日)毎月30日


  アヴィススポーツ扇町鍼灸整骨院
  住所:〒530-0035 大阪市北区同心2-6-7
  営業時間:午前診療)09:00~12:00
       午後診療)15:00~20:00
       休診日)日祝、毎月30日、年末年始
  ☎ 06-6809-4351


  HP:https://av-sp-su-0520.com/


SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> 新しくなりました~大阪 西区 鍼灸 整骨院 ジム 酸素カプセル~ >トレーニングの継続の大切さ:ディトレーニング防止と身体的機能の改善