Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

トレーニング

胸筋を鍛える王道種目

目次

胸筋を鍛える王道種目

こんにちはアヴィススポーツコンディショニングプラザの南です。
今日もアヴィススポーツでは多くの方がトレーニングをされています。

さて、今回は筋力トレーニングで王道とされていて、BIG3ともいわれている「ベンチプレス」という種目について紹介していきます。

ベンチプレスで鍛えられる筋肉

ベンチプレスでは主に大胸筋と言われる筋肉を鍛えることができます。
この筋肉を鍛えることで男性ならたくましい胸板、女性ならバストアップなどといった効果が期待できます。
大胸筋は大きな筋肉になるのでダイエット時などにも効果的な種目といえるでしょう。
そして、ベンチプレスでは共同筋として肩の筋肉の前側の部分や、二の腕なども一緒に刺激することが出来ます。

大胸筋の作用

大胸筋の作用としては
肩関節の内旋(腕を内に捻る動作)
肩関節の屈曲(腕を前に上げる動作)
肩関節の内転(腕を身体側に寄せる動作)
肩関節の水平内転(腕を横に上げた状態から内側に寄せる動作)
などがあります。
そして、大胸筋には真ん中を筋が走行する中部繊維、上を走行する上部線維、下を走行する下部繊維に分けられます。

ベンチプレスのバリエーション

ベンチプレスには大まかにいうと3種類のやり方があります。
1つずつ説明していきます。

①ベンチ台をフラットな状態にして行うフラットベンチプレス。

これはジムなどでもよく見かける1番オーソドックスなやり方かと思います。
このフラットベンチプレスでは、大胸筋の真ん中をターゲットとして鍛えることが出来ます。

②ベンチ台を斜め上に傾けて30~40度ほどの傾斜をつけて行うインクラインベンチプレス。

このインクラインベンチプレスでは大胸筋の上の方をターゲットとして鍛えることが出来ます。

③ベンチ台を下に30~40度ほどの傾斜をつけて行うデクラインベンチプレス。

このデクラインベンチプレスでは大胸筋の下の方をターゲットとして鍛えることが出来ます。

最後に

ベンチプレスは良いトレーニングですが、間違いなフォームで行うと危険です。
なのでしっかりとしたフォームを身に付けて、大胸筋の上部線維、中部繊維、下部繊維をまんべんなく鍛えましょう。
フォームに不安な方がいましたらぜひご相談ください。



  高い技術、知識のトレーナーがサポートしてくれる
  大阪市西区(西大橋,西長堀,新町)のパーソナルトレーニングジムなら


  アヴィススポーツコンディショニングプラザ
  アヴィススポーツ鍼灸整骨院


  お問い合わせは以下よりお待ちしております。


  ☎ 06-6531-3636

   ※業者様の営業電話は施術の妨げになりますのでご遠慮ください。


  住所:〒530-0013 大阪市西区新町2-20-6 新町グレースビル1F
  営業時間: 平 日)10:00~20:00(最終受付19:50)
       土日祝)9:00~18:00(最終受付17:30)
       休館日)毎月30日


  アヴィススポーツ扇町鍼灸整骨院
  住所:〒530-0035 大阪市北区同心2-6-7
  営業時間:午前診療)09:00~12:00
       午後診療)15:00~20:00
       休診日)日祝、毎月30日、年末年始
  ☎ 06-6809-4351


  HP:https://av-sp-su-0520.com/

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> 新しくなりました~大阪 西区 鍼灸 整骨院 ジム 酸素カプセル~ >胸筋を鍛える王道種目