Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ブログ

ひざの痛み~下腿外旋症候群~

今回はアヴィススポーツに治療に来られている方で、最近よく見かける症状、症例を紹介していきます。
膝の痛みでお悩みの方、特にスポーツをしている方は痛みが出ていなくても最後まで見てみてください。

目次

下腿外旋症候群とは

膝にはSHM(スクリューホームムーブメント)という作用があります。
簡単にいうと膝を伸ばしていくと、スネの骨が外旋していくという作用です。(外側にねじれる)
変形性膝関節症の方の場合、これが大きくねじれていることがあります。
変形までいかなくても、内旋の動きが少ないと様々なケガが起こりやすくなります。
鵞足炎(がそくえん)、内側側副靭帯損傷、膝蓋大腿関節炎 etc

実際にあった症例

写真のこの方、趣味でマラソンをされている方で、3時間半を目標にトレーニングをしていました。
この方の膝はひどい下腿外旋症候群で、スネの骨が外側にねじれているのがわかると思います。

そのためひざの内側が痛くなる鵞足炎(がそくえん)になっていました。

下腿外旋症候群になるメカニズム

①骨盤や脊柱のアライメント
 猫背になると骨盤は後ろに傾き、股関節の動きに必要なお尻の筋力低下が生じます。
②お尻の活動低下(筋力低下)が生じると大腿筋膜張筋(ランナー膝の原因の筋肉)の活動に依存した支持になる。
そのため大腿筋膜張筋の緊張によりスネの骨が外側方向にけん引される。
③膝蓋骨(膝のお皿)のアライメント
大腿筋膜張筋の緊張により外側へけん引される。
④距骨下関節(足首の関節)のアライメント
距骨が回内位(プロネーション)になるとスネがねじれやすくなる。

治療・リハビリ

上記の方の場合は
1、ふくらはぎの硬さによる足関節の可動域の悪さ
2、ランニングによる大腿筋膜張筋の過緊張
3、大腿筋膜張筋の過緊張によって膝蓋骨が外側に引っ張られている
このような状況でした。

この3つを改善していくのはもちろんですが、大事なのはスネの骨を内旋させる筋肉が弱いということです。
この筋肉を強化していくことによって再発しにくい状態になります。

アヴィススポーツで約2か月のリハビリをしてきて痛みは少なくなってきましたが、まだまだ内旋させる筋肉が弱いので継続中です。
ですがこの方、先日フルマラソンに出場し3時間半を切ることができました。
今後はフォーム改善などもできるとさらにケガもしにくくなり、記録の更新もまだまだ狙えるだろうと思います。

最後に

靴の外側がいつも減っていく方、
過去に足関節の捻挫をしたことがある方、
何度も膝の痛みが再発する方、
もしかすると本当の原因は下腿外旋症候群かもしれません。



  高い技術、知識のトレーナーがサポートしてくれる
  大阪市西区(西大橋,西長堀,新町)のパーソナルトレーニングジムなら


  アヴィススポーツコンディショニングプラザ
  アヴィススポーツ鍼灸整骨院


  お問い合わせは以下よりお待ちしております。


  ☎ 06-6531-3636

   ※業者様の営業電話は施術の妨げになりますのでご遠慮ください。


  住所:〒530-0013 大阪市西区新町2-20-6 新町グレースビル1F
  営業時間: 平 日)10:00~20:00(最終受付19:50)
       土日祝)9:00~18:00(最終受付17:30)
       休館日)毎月30日


  アヴィススポーツ扇町鍼灸整骨院
  住所:〒530-0035 大阪市北区同心2-6-7
  営業時間:午前診療)09:00~12:00
       午後診療)15:00~20:00
       休診日)日祝、毎月30日、年末年始
  ☎ 06-6809-4351


  HP:https://av-sp-su-0520.com/

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> 新しくなりました~大阪 西区 鍼灸 整骨院 ジム 酸素カプセル~ >ひざの痛み~下腿外旋症候群~