Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ブログ

ダンサーの方は舞台前に足のケアをしましょう!

皆様こんばんは、TheMissionコンディショニングプラザです!
 
宣言や時短が解除され、今まで中止を余儀なくされていたイベントごとが行われるようになってきました
 
当院にはジャンル問わずダンスをされている方がいらっしゃるのですが、その方達も11月、12月と舞台があるようです
 
クラシックバレエはソールが薄いシューズで踊りますし、フリースタイルダンスではそもそも靴を履いていなかったりする場合もありますね
 
その上、冷たい床の上でレッスンを繰り返すこともあり、足の裏やふくらはぎの症状を抱えて来院されることが多くなってきたように思います
 
自分でも道具を使って筋肉を揉みほぐしてみたり、お風呂でゆっくり温めてみたりと、皆さん各々でケアしているようです
 
でも、なかなか楽にならない!
 
そんな時は、足首の関節に問題があるのかもしれません
 
聞き慣れない言葉かもしれませんが、「過回内」という言葉があります
 
立ち上がって足に体重がかかった際に、距骨(内くるぶしと外くるぶしとの間にある骨)が内側に傾き、それに伴って踵の骨も内側に倒れ込んでしまう状態のことを指し、この状態の足のことを「回内足」と言ったりもします
 
扁平足や開張足(足の指の間が開いている状態)、外反母趾の原因にもなる厄介な状態です
 
扁平足や外反母趾と言われれば、足への負担が大きくなり疲労や痛みの元になる気がしませんか?
 
距骨と踵の骨との間には「距骨下関節」 という関節が斜めに走っていて、この関節の機能不全が、過回内ひいては回内足の原因ともなってきます
 
筋肉をほぐしたりストレッチするだけでは、この関節のケアはできません
 
舞台に向けて練習量が増えるとケガのリスクも増えるので、身体を痛めてしまう前に、一度ご相談下さい
 
 
☆Instagram☆
アカウントはこちら
☆YouTube☆
チャンネル登録はこちら

  高い技術、知識のトレーナーがサポートしてくれる
  大阪市西区(西大橋,西長堀,新町)のパーソナルトレーニングジムなら

  TheMission
  TheMission鍼灸整骨院

  お問い合わせは以下よりお待ちしております。

  ☎ 06-6531-3636
   ※業者様の営業電話は施術の妨げになりますのでご遠慮ください。

  住所:〒530-0013 大阪市西区新町2-20-6 新町グレースビル1F
  営業時間: 平 日)10:00~20:00(最終受付19:50)
       土日祝)9:00~18:00(最終受付17:30)
       休館日)毎月20,30日

  アヴィススポーツ扇町鍼灸整骨院
  住所:〒530-0035 大阪市北区同心2-6-7
  営業時間:午前診療)09:00~12:00
       午後診療)15:00~20:00
       休診日)日祝、毎月30日、年末年始
  ☎ 06-6809-4351

  HP:https://av-sp-su-0520.com/

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >ダンサーの方は舞台前に足のケアをしましょう!