Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ブログ

熱中症にご注意を②

目次

熱中症にお気をつけて②

みなさんこんにちは!
アヴィススポーツです。

先日熱中症についてお話しさせていただきました。

本日もまだお伝えしたいことがありますので、
熱中症についてお話ししていきたいと思います。

熱中症の対策

熱中症は、高温の環境で効率的に発汗できなくなるなどの、
体温調節機能が働かくなることで起こるとお話ししました。

気分の不快、頭痛、吐き気、めまい、体のだるさなどの症状が出てきます。

もし、おかしいなと思われましたら、
涼しい場所へ移動し、休息をとってください。

その時は、水分をとってください。

もし可能ならば、氷嚢などでわきの下と太ももの付け根を冷やしてください。

熱中症の予防①

次に、熱中症の予防になるとお話ししたいと思います。

熱中症は急に気温が上昇した日に起こりやすいです。

それは、身体が急に暑くなったことに対してうまく
対応しきれないからです。
ですので、暑さに少しずつなれることにより、
熱中症の予防ができます。

この体を暑さに慣らすことを順化、詳しくは暑熱馴化といいます。
順化は環境に適応することです。

暑さになれると、暑熱環境で血液循環の良くなり、
効率良く発汗できるようになります。

水分補給と発汗のバランスが良くなりことで、
体液循環が優れるので、熱中症予防になります。

暑さに慣れるポイント

暑さに慣れるポイントについてお話ししていきます。

–人間の体は暑さにもすこしずつなれていく
–1週間ぐらいの準備期間が必要
–ふだんから冷房の効いた涼しい部屋にばかりいないで少しは外に出る
-体力をつけていく

今年は特に、自粛で家から出ないようにされている方も多く、
外の暑さに身体を慣らす機会が減っています。
少しずつ馴化させるよう気を付けると良いかと思います。

熱中症の予防③

その他にも気をつけて頂きたいポイントがあります。

-3食しっかりと食べる
   好き嫌いなく食べて、栄養をしっかり取って下さい

-水分をとる(コーヒー、お茶はあまりとらない)
   のどがかわいた時はもうすでに体内の水分の2%がなくなっている

-体調管理をしっかりとする
   かぜ、げりなどの体調不調は熱中症を引き起こしやすい

-睡眠を良くとる
   睡眠不足は熱中症になりやすいです。  

最後に

体が暑さに慣れていないことが影響して、熱中症になるおそれがあります。

熱中症にならないための心がけが日々必要です

運動やスポーツに関しての熱中症対策についてては、
後日また機会がありましたらお話ししたいと思います。
 



アヴィススポーツでは身体のコンディションを整えるために、

酸素カプセル、整体、ボディケア等のメニューを取り揃えております。

詳しくは、下記の店舗情報まで。


☆Instagram☆
アカウントはこちら
☆YouTube☆
チャンネル登録はこちら



  高い技術、知識のトレーナーがサポートしてくれる
  大阪市西区(西大橋,西長堀,新町)のパーソナルトレーニングジムなら


  アヴィススポーツコンディショニングプラザ
  アヴィススポーツ鍼灸整骨院


  お問い合わせは以下よりお待ちしております。


  ☎ 06-6531-3636

   ※業者様の営業電話は施術の妨げになりますのでご遠慮ください。


  住所:〒530-0013 大阪市西区新町2-20-6 新町グレースビル1F
  営業時間: 平 日)10:00~20:00(最終受付19:50)
       土日祝)9:00~18:00(最終受付17:30)
       休館日)毎月30日


  アヴィススポーツ扇町鍼灸整骨院
  住所:〒530-0035 大阪市北区同心2-6-7
  営業時間:午前診療)09:00~12:00
       午後診療)15:00~20:00
       休診日)日祝、毎月30日、年末年始
  ☎ 06-6809-4351


  HP:https://av-sp-su-0520.com/


SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> 新しくなりました~大阪 西区 鍼灸 整骨院 ジム 酸素カプセル~ >熱中症にご注意を②