Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ブログ

在宅勤務で腰に不調を感じたらアヴィススポーツへ!

皆様こんにちは、アヴィススポーツです!

緊急事態宣言が出されて数日経ちましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

アヴィススポーツをご利用の方の中でも、
この数日で在宅勤務になったという方が
増えてきました。
そうなると、普段と違う作業環境下で
体の不調を訴える方も多くなってきます。

特に気を付けるべきなのは座り方なので、
今回は座り方と腰痛についてのお話です。

目次

床に座る時は要注意!

職場で座っている椅子の高さや机との
兼ね合いなど、自宅で作業する際は
環境が変わる方が少なくないはずです。

昨日、おとといと来院された方の中には、
床に座って低いテーブルで作業している
という方も多く、それにより腰を痛めていました。

床に直に座る際は、あぐらや、正座から足を横に
崩す「お姉さん座り」をされる方が多いです。

あぐらをする際は、股関節に対して膝関節の
高さが高くなり、腰が丸まりやすくなり
腰への負担が増します。

お姉さん座りをする際は、骨盤の左右の高さが
違うため、骨盤周囲の筋肉も左右で緊張差を
生じやすくなるため痛めやすくなるのです。

なので、床に座る際は正座で背筋を伸ばして座るか、
そもそもの作業環境自体を変えることが薦められます。

椅子に座る際も要注意!

椅子に座る際にも座り方に注意が必要です。

腰椎椎間板にかかってくる圧力(=負担)だけ
ピックアップしてみてみると、直立している際に
かかっている圧力を100として、
仰向けで寝ている時⇒25
膝を伸ばしたまま前屈した時⇒150
椅子に座って前かがみになっている時⇒185
となり、座って前かがみ=デスクワークの姿勢が
いかに腰に負担を強いているかわかりますね。

普段座っている椅子と素材や形状が違ったりして
座面からずり落ちやすかったり、ソファで仕事をして
身体が沈んだりすると、腰が丸まってくるので、
さらに圧力が増しやすいです。
腰が丸まっていると感じたら、背もたれに腰を詰め直したり、
ソファの上にタオルを積むなどして姿勢の回復に努めましょう!




  高い技術、知識のトレーナーがサポートしてくれる
  大阪市西区(西大橋,西長堀,新町)のパーソナルトレーニングジムなら


  アヴィススポーツコンディショニングプラザ
  アヴィススポーツ鍼灸整骨院


  お問い合わせは以下よりお待ちしております。


  ☎ 06-6531-3636

   ※業者様の営業電話は施術の妨げになりますのでご遠慮ください。


  住所:〒530-0013 大阪市西区新町2-20-6 新町グレースビル1F
  営業時間: 平 日)10:00~20:00(最終受付19:50)
       土日祝)9:00~18:00(最終受付17:30)
       休館日)毎月30日


  アヴィススポーツ扇町鍼灸整骨院
  住所:〒530-0035 大阪市北区同心2-6-7
  営業時間:午前診療)09:00~12:00
       午後診療)15:00~20:00
       休診日)日祝、毎月30日、年末年始
  ☎ 06-6809-4351


  HP:https://av-sp-su-0520.com/

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> 新しくなりました~大阪 西区 鍼灸 整骨院 ジム 酸素カプセル~ >在宅勤務で腰に不調を感じたらアヴィススポーツへ!