Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ブログ

その症状、仙腸関節の問題かも?

皆様こんにちは、アヴィススポーツです!

テレビやネットニュースでは、連日コロナウィルス関連の
話題で持ちきりで気が滅入ってしまいそうですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

学生さんをはじめ、年配の方も外出を自粛していると思いますが、
外出を控えることで自然と座って過ごすことが多くなってきます。

その為か、ここ最近は腰痛で来院される方が多くなってきました。
単に、座り方の悪さや運動不足で筋肉の緊張が高まり、
症状が出ている方は多いです。しかし、それ以外に
仙腸関節由来の不調が出ている方も多いのです。

聞きなれないかも知れませんが、今回は仙腸関節についてのお話です。

目次

仙腸関節って何??

仙腸関節とは、骨盤に存在している関節の名前です。
骨盤は、大まかに中央の仙骨と、そこに繋がっている
左右の腸骨とに分けられます。骨と骨との間は
殆どが関節によって連結されているので、仙骨と腸骨の間を
繋いでいるのがこの仙腸関節というわけです。

この関節は強固な靱帯で覆われ、上半身の荷重を支えると共に、
歩行などで地面から加わる衝撃から体を守る働きを担っています。

その為の仕組みとして、関節の動きとしては小さい3~5ミリとも
いわれる動きを有していますが、このわずかな動きとそれによって
生じた小さなズレは、時に動くことが出来なくなるほどの痛みを
生み出していまうのです。

どういう処置をするの?

先の通り、仙腸関節は上半身の荷重を担う働きを持っています。
なので、座って同じ姿勢のままでいると、常に関節部に圧迫が
かかり負担となってしまいます。
それに、長い時間座っていてもずっと真っすぐという訳ではありません。
体重を右にやったり、左にやったり・・・そうすることで、左右の
ズレ、アンバランスが発生し、体を支えたり重い物を持ったりする上で
関節が協調して動く能力も落ち、体を痛めやすくなるのです。

それらの原因で仙腸関節部に痛みが出ている場合、アヴィススポーツでは
主に徒手で関節の圧迫を開放し、左右のズレはクサビ状の矯正ブロックで
整えていきます。勿論、周囲の筋肉や靱帯を緩めた状態の方が
処置しやすいため、筋的な処置も行います。
炎症が強く出ている場合は、患部を冷やしたりテーピングでサポートを
させてもらうことも少なくはありません。

自分でストレッチをしたり筋肉を温めたりしているけど、中々痛みが
取れない!とお悩みの方は、一度ご相談ください!






  高い技術、知識のトレーナーがサポートしてくれる
  大阪市西区(西大橋,西長堀,新町)のパーソナルトレーニングジムなら


  アヴィススポーツコンディショニングプラザ
  アヴィススポーツ鍼灸整骨院


  お問い合わせは以下よりお待ちしております。


  ☎ 06-6531-3636

   ※業者様の営業電話は施術の妨げになりますのでご遠慮ください。


  住所:〒530-0013 大阪市西区新町2-20-6 新町グレースビル1F
  営業時間: 平 日)10:00~20:00(最終受付19:50)
       土日祝)9:00~18:00(最終受付17:30)
       休館日)毎月30日


  アヴィススポーツ扇町鍼灸整骨院
  住所:〒530-0035 大阪市北区同心2-6-7
  営業時間:午前診療)09:00~12:00
       午後診療)15:00~20:00
       休診日)日祝、毎月30日、年末年始
  ☎ 06-6809-4351


  HP:https://av-sp-su-0520.com/



SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> 新しくなりました~大阪 西区 鍼灸 整骨院 ジム 酸素カプセル~ >その症状、仙腸関節の問題かも?